FC2ブログ
3児のおかーちゃん・管理人タケママの気まますぎる日記です♪ なんでも書きすぎて怒られちゃってます(笑) “いおちん” は学生時代からの愛称♪ 
認知進む祖母と施設。
2018年01月13日 (土) | 編集 |

昨年夏、もともと足元が頼りなくなってた祖母が、出先で転倒して骨折。
入院となり、3ヶ月程治療を受けました。

入院している間に、認知が確認できるようになり、病院からケア施設へ移る前に確定した介護度が、いきなりの『4』でした。

病院を退院する時点で、祖母は自分で身の回りのことが全く出来なくなっており、家に連れてかえるのは困難と判断しての施設への移動でした。

入院前、家で生活している時にも、少し認知の症状は感じていました。
それに、ひざや股関節もそうとう弱っていて、家の中を歩く事すら頼りない状態だったけれど、お風呂やトイレくらいは自分で出来てました。

けれど、入院している間にあんなに症状が進んでしまうなんて…。

認知は、ストレスによってどんどん進むと知り、母は毎日毎日欠かさずに見舞いへ行き、私も、祖母に少しでも刺激になればと思い面会に行きました。

そこからケア施設へ移ってから、やっぱり、家に帰れないストレス、体調がすぐれないストレス、しんどい時に少しでも横になれないなどのストレスが大きいのだろう、認知がかなり進んでしまい…


あんなに、しっかりした人だったのに、こんなに弱り、分からなくなるなんて。
すごくショックです。

それを見守り続ける母もまた、疲れているしストレスを溜めるし。

本当に、健康であることは何にも代えられない素晴らしい事なんだと思います。


しかし、解せない事が多い。
今の施設について。

介護していただいてるこっちとしては、どこまで要望してイイのかとか、あんまり言い過ぎては良くないのかとか、色々考えてはいるのだけど、それは、介護と言う仕事がどんなに大変かを、介護実習へ行った長男から聞いていたので。
現場は、それはそれは毎日大変だと、実習で体験して毎日話してくれた長男。
私達が出来ないことをしてくれていると思えば、家に居た時の様にあれやこれやをしてやりたい気持ちはあっても、施設のやり方やケア方法に従うしかないのかなと思って居ましたが…

やっぱり、なんか解せなくて。



すごく、スッキリしない。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック