3児のおかーちゃん・管理人タケママの気まますぎる日記です♪ なんでも書きすぎて怒られちゃってます(笑) “いおちん” は学生時代からの愛称♪ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真ん中を知る覚悟。
2017年12月29日 (金) | 編集 |




最近、凄く泣けたことがあった。

パパが私に送ったライン
それを見て涙が出て、出て
化粧どころじゃなくなった

と言うことがあった。


『白黒ハッキリ』しているパパ

奇抜な服装、髪、だらし無生活態度、自分の事は棚に上げといて人の事に偉そうに口出しする…
そんな状態のムスメが、パパはキライ。

気に入らないし、見てて腹が立つから見ないようにしてたし
なんならムスメがリビングで食事を始めようものなら、ムスメが視野に入らない隣部屋に移動していた始末…

でもね、それはいいの。

パパはパパなりに、そうやって『折れる』事によって、ムスメの一から百までをガミガミ言わないようにして居たのだから

ただ、間に挟まった私はこの1年凄くしんどかったけれどw


そんなムスメが高校を辞めてしまった


ただでさえ体調の面でも難点があるムスメに、親としては、成績は悪くても卒業だけはして欲しかったけれど

同僚が言ってた

『ムスメちゃんにとっては高校は通過点に過ぎなかったんやね、大丈夫だよ、そのうちに落ち着いてくるから』


…通過点

卒業出来なかったけれど、それがムスメの最終目標では無かった
親身になってくれる先生、心の友にも出会えた素晴らしい通過点だったと思ってあげよう


ただパパには、きっと受け入れてもらえないだろうと踏んでいた

それが、パパからの言葉に涙が…。



『今は嫌いだが、可愛い娘である』



これまでの孤独感を考えたら
思わず、長い長いLINEの返事を送り返してしまった
… ありがとうって。

“白は白、黒は黒なのだから、白に黒は足せないし、黒にも白は足せない”

言うなればこんな感覚の持ち主だと、私はパパの事を分析している



パパは久し振りにムスメの顔を見て話をし、向かい合って食卓を挟み
ムスメの『ただいま』に『おぅ』と返事を返してくれている


ただ一言、嬉しい。


さぁ、これからが本番


パパはどこまで
ムスメの“今”を知って
“受け入れ”られるだろう


ムスメはパパが 何かしら反応してくれるようになった事にまだ慣れていないが、前のように無視されるよりは暮らしやすくなったはず

でも、パパに全てをさらけ出したわけでは無いし、パパもまだまだムスメの『核』の部分を知らない

可愛くても、愛おしくても、ムスメはもう自分が家族の一員と言うより、自分自身を中心として全てを考えている

それ故に、私たち親が


してやった
してやってる
それば誰のおかげか


などと言う問いをムスメに投げかけても、なんの意味も無いことを自覚しないと行けない。


不器用だけれど、もがいて生きている今のムスメに

先もって忠告してやる親心 より

失敗して勉強する経験

の方が、周りでガヤガヤ親が言い立てるより何千倍も必要な事なのだろうと思うようにしなければならない


ムスメの真ん中の部分に
今1番ウエイトを占めているのは

自分自身と友達


正直、付き合いを辞めて欲しいと思う友達も居るが、その内、自分が生きて行く上で必要な友達かそうでないかは、ムスメが決める事であって

間違った方向へどんどん進んでいきそうな時は、しょうが無いから忠告する様にしよう


さぁ、子育てまだまだこれから


親としての器も試される時。





関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。