3児のおかーちゃん・管理人タケママの気まますぎる日記です♪ なんでも書きすぎて怒られちゃってます(笑) “いおちん” は学生時代からの愛称♪ 
店員の側からみると。。。
2011年02月01日 (火) | 編集 |
こんばんはw
タケママです。

今日は、コンビニ店員から、お客様に一言言いたい


店内で、携帯電話でのお話は構いませんけど
どうか、どぉーか、どぉぉ―――かっ!

会計の時くらいは

“会計”の内容に集中してくださいっっ!!


・・・あのねぇ、こないださ。
超キレイに着飾って、お化粧もバッチリ・スタイルもサイコーw なお客様が、店内でずーっと携帯電話片手に喋ってたのね。
内容なんてよくわからないけど、とにかく、所々怒ってた感じで。

20分くらい喋って、その間、
もう片方の手で髪をいじったり、売り場の商品を触ってみたり。
そのうち、商品を2~3品手に持って、レジへ来たわけね。

その時よ、タケママ思わず 『眉間にシワ』 が寄ってしまったのさ。

その、見た目はナイスな女性のお客様は、レジ前に立ったものの、肩でケータイ電話を挟んで、まだまだ話は尽きない様子。
ケータイ電話で身動きが不自由な分

まず 車のカギをカウンターにガシャンと放り投げ
    財布もボン!と放り投げ
    いま一度、肩のケータイを挟みなおし。

その間に次々と商品をレジに登録していくスタッフが、接客上、お客様に確認しなければならない事をいくつか伺おうとする。

スタッフ Tポイントカードはお持ちですか?

お客   ・・・(喋りながら小銭を探す)

スタッフ こちらの飲料にストローをお付けしておきましょうか?

お客   ・・・(まだ小銭探し中)


まぁ、とにかく喋っても、ケータイの相手との会話優先で、こっちの問いかけには全くムッシングなんだから。
スタッフも仕方なく、出されたお金で精算して、お釣りを渡しました。
そのお釣りを受け取って財布にしまい、その直後。
明らかに、“今思い出したっ!” ってな感じで、Tカードを出してきた。

 やっぱり 放り投げて。


まだまだ喋ってるんですよ?
こっちの問いかけには、全くの無視ですから。

店員はさっさとレジでも打ってろ 的なオーラでしたわ。

こんだけポイントカードが当たり前の世の中に生きてて、ポイントは精算前にカードをレジに通さないと付かない って言うことくらい知っててよさそうなモノなのに、お釣りもすっかり財布にしまったあとでカードの提示★
スタッフが声をかけたにも関わらず、ポイント付けてよ!? ってな雰囲気バンバン出して

店長は、カードの後出しにも応じてあげてと言うので、そこはスタッフも、そのようにしようと、またそのお客に声をかける訳です。

スタッフ あの、すみません。
     ポイントをお付けするに当たって、もう一度商品を全部、
     レジで登録しなおしてよろしいでしょうか?


お客   ・・・(喋りながら、袋をカウンターにバンっ!…と
         また放り投げた



そのあとは、同じ流れでレジを操作して精算し、カードにポイントも付与。
スタッフがカードをお返しすると、あたかも

  レジ、おっそいねんっっっ!!!


と言わんばかりの、ムっっとした表情。
袋をバッ!っと掴むなり、ピンヒールをカツカツ鳴らして帰って行きました。


・・・今の世の中、なんでこんな事が平気で出来るんだろう???
思わず悲しくなりましたよ。

なんで、人 対 人 って事を、ちゃんと考えられないんだろう??
店員はまるでロボットの様にしか見られてないみたい。

今の若い人って・・・
外はキレイでも、内面は超ブサイクな人が多いと思う!!

“自分”も大事だろうけど、“相手”の視線はどうなのかを、なんで考えられないんだろう??
タケママは、コンビニの仕事でこんな経験をするたびに、家で子供に言い聞かせています。
人の立場になって考えられるようになりなさい! って。
ちゃんと伝わってるかどうかは解らないけど、伝える事って大事だと思うからw

ケータイでの話にどんなに夢中でも、店員がレジ打たなきゃ精算できないんでしょ?
お金を払うからには、ポイントは付けてくれなきゃいけないんでしょ?
飲料、飲むときになって、ストロー欲しかったななんてきっと思うんでしょ?

だったら
 
レジでの店員とのやり取りに

ちょっとは集中したらどうなんですかっ!?



って話なんですよ。
いえね。ちょっと、そのお客の態度にあんまりカチんと来たもんですから、ついつい愚痴になっちゃいました★

吐いてスッキリいたしましたww
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:(`д´)ウオォォォ!!
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック