3児のおかーちゃん・管理人タケママの気まますぎる日記です♪ なんでも書きすぎて怒られちゃってます(笑) “いおちん” は学生時代からの愛称♪ 
先生頼りないやん?!
2009年10月26日 (月) | 編集 |
20091026172759
タケママですヾ(=^▽^=)ノ
写真は長女あーちん。
“栗”を食されておりますw
とことんほじって食べようとしています(笑)
この子、きっと
カニ食べさせてもこんな感じだな★


さて。
先日、ママ友の子供・A君が
手指3本を折る怪我をしました(@_@;)
それは体育の時間、跳び箱の授業で。

跳び箱の注意点は、指先から手を着かないこと

だけどA君は指先から強く手を着いてしまい
飛び終えたあと、痛みで声が出ず
少しして友達が気付き、先生を呼んだそうです。

保健室では「突き指」との診断で湿布を巻かれ。
しかしひどくなる痛みに、何度も保健室へ
でもそれ以上の処置はなく、一日終えて帰宅。
ママ友が見た時には
折れた指は“玉”のようだっと言ってました★

「なんでそんなに先生頼りないんよっ?!」

思わずタケママ言いましたよ。

骨が折れた時の腫れ方って
通常ありえないくらいになるじゃない?!

なんで玉のようになってる指を見て
骨折を疑い通院させなかったんだろう??

A君の症状は、第一関節~第二関節にかけて
きれいにパキッ!っと折れてしまってた★
ギブスはガチガチにされ、それでも骨にズレが。

あくまで素人考えだけれど、
早く気付けば処置も早かっただろうに
そうすれば骨のズレもマシだったかも…
痛みももっと早く軽くなったかもじゃん★

保健室の先生が言った事と言えば

「すみませんでしたぁ~。はじめ1本が腫れてて、次に来た時
また横の指が腫れてまして~★」


と、こんなかんじだったそうです。
とても軽い感じでヘラヘラ笑いながら。

…保健室に勤務する先生と言うのは
どこまでの診断・処置ができるものなんですかねぇ??

今回、担任の先生は骨折かも?と思いながら
特に保健の先生に進言することもなく、
ママ友が診断結果を電話連絡した時には

「あぁ、やっぱり」

と言ったそうなのです(@_@;)

やっぱり…とは、なんと?!

骨折かもしれないと感付いていたなら
なんでもう少し深く、保健の先生と
親への連絡・受診も含めて話してくれなかったの?
そこらへんおかしくない??

3時間目に怪我をして3時過ぎの帰宅まで
ほんとによく我慢したよね(Тωヽ)

…………が。
この怪我をしたA君、実は
“ある目的”があったため痛みを我慢してました。

それは、怪我をしたこの日の5時間目に
高学年のお兄さんお姉さんの前で
自分の勉強の成果を発表する授業がありました。
A君は、どうしてもその授業に出たかった
だから出来るだけ痛みを我慢していた!

…これはすごい事です。まだ3年生なんです。
指3本も骨折してたのにですよ?!
タケママの長男と同級生ですが
わが子にはここまでの根性は無さそうです。

まぁそれにしてもですよ。
A君も、絶対に出たかったその授業のために
ひたすら1人で我慢したんだろうけど
それでも痛みに耐えられない部分もあったからこそ、
何度も何度も保健室へ行ったんだと思います。

怪我をしてすぐに病院へ行ったとしても
時間的に、5時間目の授業には出られたはずです。
それに、もし先生が骨折を疑い受診を勧めて
本人が、受診を拒否したとしても
そこから親に連絡が入ったはずでしょう?

絶対に、指の症状から骨折を疑わなかった
保健室の先生が頼りなさすぎるって!!


と豪語してますが、タケママの考えは
もしかしてズレていますか??
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック