3児のおかーちゃん・管理人タケママの気まますぎる日記です♪ なんでも書きすぎて怒られちゃってます(笑) “いおちん” は学生時代からの愛称♪ 
「いじめ」 もしも我が子が。
2006年12月21日 (木) | 編集 |
~今日も気まま日記へようこそ♪~
タケママファミリー♪

こんにちは~タケママです♪♪
↑は。 ブログ仲間のtanuちゃんが タケママファミリーを描いてくれたものです。 ふんわりとした色合いがカワイイでしょ

さて今日は。
親子って言うか 子供の環境っていうか 今年一年で悲しいニュースが多かった 「いじめ」について書きたいと思います。





昨日 リッキーもようやく幼稚園での2学期を終えて 今日からは冬休み。 これから来年の9日までお休みが続くのですが 子供はゆっくりと出来ても タケママはそうはいきません。


なぜならタケママ この冬休みの間に PTA人権部として来月末に提出しなきゃならない壁新聞の原案つくりをやらなきゃならんのです


これは 人権に関してなら好きにテーマを決めて作成すればいいんだけど 今回は 『 親子の絆 』 に視点をおいて作成する事にたんです。


人権部にはタケママと もう1人の役員ママとの2人だけなので ご意見番としてもう1人 仲のイイ役員ママがお手伝いしてくれています。


昨日も 朝リッキーと一緒に幼稚園に登園してから降園まで 会議室で作成にかかっていたんだけど そこで 親子の絆・関係のありかたなんかを3人で話していたら 自然にいじめの話しになりました。


  もし 我が子がいじめられたら

  もし 我が子がいじめる側に居たら  


いじめの問題でまず思うのは こんな事ではないでしょうか。
でも いじめ問題の深刻さが増して リアルタイムで有名・著名人が討論会をテレビなんかでやってるけど 結局コレと言った解決法も見出せないまま終わります。

・・・そうです。
解決法なんて 最初から無いのだと思います。


だってどんなに呼びかけても いじめられている人の殆どが親に・人に知られたくないとまず思うからです。




最近のいじめってものすごく「陰湿で巧妙」。そんなイメージを持っているタケママです。 


じつはタケママもいじめられた経験を持っています。
きっかけは 小6の時にいじめられていた子を助けてあげた事でした。


助けてあげた・・・と言っても いじめられている現場に割って入って「止めなさいよ!」と一括するほどの勇気は当時持ち合わせていなかったので いじめる側の集団が去ったあとに いじめられていた子に駆け寄って慰めてあげた・・・と言うものだったんだけど。でもそれを見ていたのか いじめる側の集団が次のターゲットにタケママを選んだわけです。


いじめの内容としては 

・陰口をたたかれる
・人気の無い男子と付き合っているとウソの噂を流される
・持ち物が無くなる・隠される・汚される・傷つけられる
・帰り道 後ろを集団でつけられ 
         家の近くで罵倒文句を叫ばれる

こんな感じでした。

最後の帰り道をつけられ文句・・・で 家のおじいちゃんにいじめがバレましたが それまでの数ヶ月間 タケママはいじめられている事をひた隠しにしていたので 母も全く知らなかったと思います。


タケママがいじめを隠していた理由・・・ それは
親に心配を掛けたくなかったって事と 自分で解決できると思っていたからです(今思えば なぜこの時 こんなに自分が気丈だったのかワカリマセンが・・・。)


でも 時は卒業間近。早く解決してすっきり忘れて卒業を迎えたかったのに 残念ながら 卒業の文集に落書きをされていて それに気づかずに印刷されたものだから 文集を開くと 当時のいじめの跡が今でもくっきり残っています。。。(最終的にちゃんとチェックしてから印刷して欲しかったわよ~!当時の担任の先生ったら★)








タケママが親に心配を掛けたくなかったから話さなかった・・・と言うのは 少なからず家庭環境も関係しています。


離婚後 実家で子供と自分を住まわせてもらい生活をしていた母には きっと沢山の遠慮や気遣いがあるのだと 子供心に感じていました。だからこそ 保険の外向社員として走り回っていた当時の母の頑張りや 化粧品販売を始めて 一生懸命代理店としての活動をしている母に とてもいじめの事が言い出せなかったんですよね~今思うと。


それに 自分で解決できるだろうと考えていた自分に加え もともと楽観的な性格が良かったんだと思います。「ほんとに心を許せる友達が1人も居ないわけじゃないしさ~」なんて思っていましたから。


結局は そのまま小学校を卒業して中学生になり いじめる側の生徒も 部活動がバラバラになったせいか そのメンバーでツルむ事がなくなったみたいで
 自然に結束がなくなり タケママに対するいじめも無くなっていました。










こんな体験を持つタケママですが 役員ママ達と話していて 我が子がいじめられていたらどうする? と言う事に対して 真剣に答えを求められました。



質問:
我が子がいじめられていると知ったらどうするか?



答え:
どのような経路で知ったかによって対処は違うと思うけれど まずは子供の様子をよく見ておこうと思う。 とにかくよく話を聞いてあげたいと思う。





タケママはこう答えたのだけれど じゃ子供たちが いつでも・なんでも親に
相談できる環境作りってナンだろう?って事が問題に。


でもそれって言うのは 普段から・子供がまだ小さい頃から 親が子供の話をどれだけちゃんと向き合って聞けているか・そう言う習慣がどれだけ親子に習慣づいているか・・・って事ですよね?


昨日テレビで見たNPO団体の代表の方がこう言ってました。


  親子の間に“条件付”で物事を進める習慣は
  絶対にあってはならない事です。
  親はつねに無条件で子供の全てを受け入れる事です。
  



いつでも子供の言葉を聞いてやり 行動を見てやる。
小さい頃からそうやって育てる事ができたら 親なら子供の異変に気が付くはずだし 自殺にまで追いやる事は防げるんじゃないか? ・・・PTAとして参加した人権の講演会でも この事はとても力をいれておっしゃっていました。



質問:
では逆に 我が子がいじめる側の立場に居たら?




答え:
・・・現実的にまだ考えられない。
子供にどうやって聞けばいいか解らない。だってここで接し方を間違えると 後々もっとひどいいじめをするんじゃないかと思うと ヘタに声を掛けられない。声を掛けたとして その返答によっては 今の自分では子供を叱り飛ばすだけしか出来ない気がする。




子供がいじめる側の立場に居る場合も 多くは家庭に問題があって そのストレスを抱えたまま学校に行く子供たちが 何かのきっかけで 友達をいじめる事でストレスを発散しているケースがあるんだそうです。 だからこその親子関係・親子の絆 なんでしょうね。



(人権講演会にて)

 毎朝毎晩 家族同士でのあいさつは出来ていますか?

 普段 お子さんの話をちゃんと聞いてあげていますか? 

「今忙しいからまたあとで」が口癖になっていませんか?

 日々のこう言った行動を改めて見直す事から

 子供たちのいじめ問題を解決していきましょう。





これに尽きるんでしょうかね・・・対いじめ問題と言うのは。
・・・現実的にまだ考えられないとしか言えないタケママもかなりダメ親かもしれません



今回 この人権の壁新聞を作りながら もっともっと親子の絆について意識を高めなくては! ・・・と思うタケママです。









HP作りならココで格安レンタルサーバー。

アフィリエイトならまずココ・使いやすさナンバー1

タケママと友達になって


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
v-22 かめこさんへ
わぁぁ~~コメントありがとうございます!!
タケママもずいぶん生意気なコメントを残しちゃったかなぁ~
なんて気になってたんです。
だからココに訪問いただいてウレシイデス!

タケママも同じ。お笑いはスキだけど
大人の観点から見ているのと
純真な子供が見るのとでは違いますよね。
我が子もお笑いのマネを特によくするんですよ★
なんかもっと違う感じで
お笑いの世界を広げてもらえないかな~!?

話が出来る環境ってすっごい大事ですね。
そんな環境を我が子との間に持ちたいです。

またよければ 暇つぶしに起こし下さいね♪
2007/01/12(Fri) 17:29 | URL  | タケママ #-[ 編集]
はじめまして
タケママさん、はじめまして。
かめこといいます。
この前はブログの方へコメントありがとうございました。<(_ _)>
年末で多忙でしたので、自分のブログも見るのも久しぶりというくらいで・・・
ホントご挨拶が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。<(_ _)>

いじめは、ホント難しいなって思います。
自分の体験はそんな簡単に忘れることが出来るものではないけど、私自身も人とのコミュニケーションをとるのが下手なので、そうなってもおかしくはないんですよね(^_^;)

親とのコミュニケーションもあまりうまく取れないけど、それ以上に他の人とのコミュニケーションをとるのが出来ない・・・怖いというのが本音でしょうか?(^_^;)

でも、最近のいじめを見ていて、子供が平気でいじめるのって、テレビの影響も大きいのかな?って感じるんですよ。

最近のお笑い系って、いじられてなんぼの世界だったりするので、そういう光景をテレビというメディアを通じて流されると、それを見た子供が平気で他の子に同じようなことをやって・・・
テレビでやっているくらいだから、自分もやっても大丈夫だと思っている子が多いのかな?
だから最初はからかってるはずが、だんだんとエスカレートしていじめに繋がっていると思うんです。
(私はお笑いは好きですが、たまに度が過ぎるのが頭にきますが・・・)
身近にいる大人、もしくはメディアでよく見る大人を子供は大人が思っている以上に良く見ていると思います。
まず、大人の私たちが子供の見本にならないといけないのかな?って思います。

そして子供と何でも話ができる環境
(相談もそうだし、こういうことはどうなのかな?と話し合える環境ね(^_^;))
これが一番大事なのかな?って思います。

(スイマセン、論点がずれてる気が・・・(^_^;))
そして、長々と失礼いたしました<(_ _)>
2007/01/12(Fri) 01:27 | URL  | かめこ #qhVXTLRM[ 編集]
v-22 pandaさんへ
意味深いコメントありがとうございます。
まず親のタケママ達が いじめに対して
「絶対に許さない」って社会を作っていかなきゃいけないのかな。
そして子供達に いじめられた相手がどのような思いをするか そんなことをちゃんと想像出来て理解する力をつけてやらなきゃいけないものかも。
今の子達って 「そのあとどうなるか」を想像できない子が多いような気がします。。。
2006/12/26(Tue) 23:01 | URL  | タケママ #-[ 編集]
難しいですよね…
私もいじめられた事がありました。
といってもタケママさんよりもっと軽い(?)ものでしたが。
それでも親には言えませんでした。

これが解決策!!っていうものはないんですよね。
て言うのも、まず、初期の段階では絶対に表面化しない(日本語が変i-201
し、周りから見ても、いじめかどうか分かりづらいから
どんどんエスカレートしていって、気づいたときには手遅れ…なんですよね。

私も娘がいじめられていたら、いじめていたら、というのは
まだ考えられないけれど、いつその立場になってもおかしくはないんですよね。
うちの娘はどちらの素質
(周りに流されやすく気が強いくせに、いじられるとすぐ泣いてしまう)
も持っているので、心配です。

どうすればいいのか、大人一人一人が考えていかなくちゃいけませんね。
やっぱり子供との、大人同士の、コミュニケーションが一番なのかな。
2006/12/26(Tue) 10:56 | URL  | panda #-[ 編集]
v-22 ここさんへ
ですよね やっぱり親には言いたくなかったですよね。
その時 自分なりに解決出来たから今の自分があるのだけど 我が子が・・・と考えると やはり苦しいし ちゃんと乗り越えてくれるかと心配で心配で。。。
自分は親に言わなかったくせに
我が子には何でも話して欲しいと思うワガママなタケママです。
2006/12/25(Mon) 07:54 | URL  | タケママ #-[ 編集]
こんばんはーw
私も以前いじめアンケートの時に記事にしたのですが、昔先輩に目を付けられていたときは、絶対親には言いたくなかったなぁ。
同じ思いを子供がしていたら。。と考えるととても苦しいです。
子供にどういう声を掛けてあげられれば、一番助けになるか・・? まだ答えは出ていません。
デリケートな部分だけに難しいです。
2006/12/23(Sat) 00:08 | URL  | ここ #-[ 編集]
v-22 もぐアンさんへ
ようこそ気まま日記へ♪コメントうれしいです。
色んな人に関われるようにする事確かに大事ですね。
我が家はちょっとそこへんが欠けているかもですが。。。。
関わらないとどんな経験も出来ないし その経験の中から学びますもんね。
・・・人との関係大事にしよ~。
またお暇ならおこし下さいね♪
2006/12/22(Fri) 17:38 | URL  | タケママ #-[ 編集]
コメントありがとうございます
コメントありがとうございました<(_ _)>

PTA人権部というのがあるんですねぇ。
お疲れ様です。

私も二人の娘を持つ親だったりしますが、
もし自分の娘が・・・というのは確かにチトまだイメージできないかなぁ・・・(ちなみに5歳と3歳)

でもいま心がけたいのは、何にでも楽しく関心を持つことと、色んな人に関われるようにすることですね。
結局そゆことが、「いじめ」にも関係していくような気がします。甘いかしら?(笑)

卒業文集に残ってるのはヤですねぇ。
どんな担任じゃ(σФ∀Ф)σ

長々、失礼しました!
2006/12/22(Fri) 14:49 | URL  | もぐアン #BNCeXP9U[ 編集]
http://blog27.fc2.com/image/icon/i/F9E6.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji"> 一真の母さんへ
ですね。。。
私達は親なんですもんね どちらの立場になろうが 命懸けで取り組むべき…なんでしょうね。
ハッキリそう言える母さんは立派です!
タケママもそうありたいです。
2006/12/22(Fri) 06:02 | URL  | タケママ #-[ 編集]
これはね~。。。
母もこの間記事にしたけど
結局母の中でも結論は出てないです。

母はいじめた経験もいじめられた経験もないです。
見て見ぬふりした事もないです。
だから、当事者の気持ちといっても実感わかないのが正直なところなんです。

でも、今は子供を持つ母親です。
実際、一真がいじめに関わるようなことがあったらそのままにはしておけません。
今の時点では、どっちの立場であろうと命がけで取り組んで行くという決意しかできてません。

いろんな本を読み漁りながら勉強中なんです。。。
2006/12/21(Thu) 22:20 | URL  | 一真の母 #4uAjNfEA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック