3児のおかーちゃん・管理人タケママの気まますぎる日記です♪ なんでも書きすぎて怒られちゃってます(笑) “いおちん” は学生時代からの愛称♪ 
江原啓之さん「天国からの手紙」
2006年08月08日 (火) | 編集 |
~ 今日は2エントリー目です♪ ~
  よければ前記事・リッキー誕生日日記も見てね♪
20060808160416.jpg

ついさっき。
買い物へ出ている間に 郵便物が届いてました。
その中に リッキー宛に届いた暑中見舞いを発見♪
リッキー初・暑中見舞いは なんと幼稚園から。
彼は訳もわからず喜んでおりました♪
幼稚園の先生も 夏休みにもかかわらず園に居て
園児一人一人にハガキ書いてくれたんですね
さてさて。

暑中見舞いなんてもう何年も 誰にも出していない無礼なタケママなのですが(謝;)。 手紙やハガキを書くって事自体 最近全くしていません。

ケータイ電話が今や当たり前になって 
連絡とりたいときは カンタンに Pi・Po・Pa!
書くって事が少なくなるわけです

その手紙で思う事なんですけど
今夜放送の「 天国かからの手紙 」が待ち遠しいです。

江原啓之さんて方にとても興味がありまして
毎回この天国からの手紙と言う番組は欠かさず見ています。

と言うのも タケママが初めて身近で“死”を感じたのは おじいちゃんが亡くなった時でした。

それまで全く“死”と言うモノに対面する事が無かった為に おじいちゃんが目の前で亡くなった時に初めて“死”と言うものに直面して 正直愕然(がくぜん)としてしまった事覚えています。

それからと言うもの 人が生まれる・生きる・生涯を終える と言う事がどんなに偉大なんだろうと考える事が多くなりました。

そこで出会ったのが この番組「天国からの手紙」。
江原さんの口から 残された遺族に伝えられる死者からの言葉に 毎回真剣に見入ってしまいます。
そしていつも思うのは おじいちゃんが息を引き取る瞬間のこと。


あの日 職場で連絡を受けて急いで家へ帰り 妹と母を乗せて車で病院へ。
病室についた時には 話し掛けても返事は返ってこず 手や足・腰などをさすってあげながら ただ見守る事しか出来なくって。 
ふと おばあちゃんが

「 おとうさん! ちょっとなに手を組んでるの 」

と言ったのね。 よく見ると さっきまでそうなっていなかったのに 自分で胸の上で手と手を組んでいました。 まるでお祈りでもしてるかのように。
それに気づいたおばあちゃんが 慌てた感じで手を解いたんです。

よくよく考えれば あの手を組むスタイルは おじいちゃんが寝るときに自然にとるスタイルだったんですけど。
でもおばあちゃんには きっと 旅立つ準備が出来てしまったかのように見えたんでしょうね。。。

それから あっという間に画面に映る心拍の波形が乱れだし 思わず

「 いやや! この波(波形) 変や! 」

と叫んでしまい 妹と必死になって 声を掛けたりしたのだけど 間もなく医師から臨終の宣告をされました。

ほんの2分程で 死に目に間に合わなかった親戚が病室に入り 涙と共にお別れを惜しんでいる光景に絶えられなくて

「 先に帰るわ。
   家の掃除とかいろいろ先にやりよるから。。。 」

と母に告げて 妹と車で家へ帰りました。


おじいちゃんと一緒に過ごした日々・出来事が 一気に走馬灯のように頭を駆け巡り 涙も止まらない状態で家へ付き 黙々と おじいちゃんを迎える用意をしていましたが・・・
どんなに考えても
最後に タケママがおじいちゃんと交わした会話がどんなモノだったかが いまだに思い出せません。


父親代わりとなって いろんな思い出をくれたおじいちゃん。
不思議なもので 怒られた記憶というものは 今では1番良い思いでなのです。

スポーツ万能だったおじいちゃん。
ひょうきんで 時には付いて行けないほど。
何でも器用で 困った時はいつも頼りになった。
どれもこれも良い思い出。


いま江原さんが隣りに居てくれたら
タケママの子供たちを見て おじいちゃんがどんな事を言ってるのか聞きたいです。
そしてタケママにも おじいちゃんから手紙が届けばいいなぁ~って思ったりします。。。。。。。


   て事で
     今夜は絶対に見るわよっ。

   江原啓之スペシャル「 天国からの手紙 」
     夜7時~ 関西テレビ(8ch)にて
 



↓アナタも今夜見る?
人気blogランキングへ


スピリチュアル・オーラブック スピリチュアル・オーラブック
江原 啓之 (2006/08/23)
マガジンハウス
この商品の詳細を見る

スピリチュアルメッセージII―死することの真理 スピリチュアルメッセージII―死することの真理
江原 啓之 (2003/02/25)
飛鳥新社
この商品の詳細を見る


江原啓之のスピリチュアル子育て―あなたは「子どもに選ばれて」親になりました 江原啓之のスピリチュアル子育て―あなたは「子どもに選ばれて」親になりました
江原 啓之 (2002/07)
三笠書房

この商品の詳細を見る






NEW!
『誰でも簡単に出来る感想肌改善法』
●お試しセットは525円ポッキリ。
 体験記はコチラ⇒


まだのあなたも今年こそブログ開始♪開設はコチラ



かんたんHPはココっ♪


へそくる?

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私も
ああいう番組、気になって観ます。
私も亡くなったおじいちゃん、おばあちゃんの言葉が
聞きたいって思います。
両方とも死に目に合えなかったから、余計に思います。
でも、おじいちゃんと最後に交わした言葉は、すごく覚えてるの。
お見舞いに行ったときに、病室で。
「さきちゃん、来てくれてありがとう。ありがとう。
さきちゃん・・・感謝するっていう気持ちを忘れたらあかんよ。
一番大切なことは、感謝するっていうことやで。
感謝や・・・」
同じことを、お見舞いに来た親戚、みんなに言って、
全員に言い終えたかなぁ・・・っていうぐらいに
息を引き取りました。
今はそんなおじいちゃんに、みんなが感謝しています。
あぁ・・・書いてたら涙出てきた。
2006/08/11(Fri) 14:40 | URL  | さき #-[ 編集]
v-22 ここさんへ
あ~ここさんっ!
ねずみ―ランドから帰ってきたのね♪
この後遊びに行くよ!!
てか号泣だったのね~わかるわぁ~。
おじいちゃんに会ってみたい・・・いっしょだね~。
2006/08/10(Thu) 09:40 | URL  | タケママ #-[ 編集]
v-22 一真の母さんへ
読まれましたか♪
トップの本はもうすぐ発売になるモノだそうです。
江原さんのコメントって思わずうなずくこと満載ですね~聞き逃せません。

v-22 りんぼさんへ
訪問嬉しいです~♪コメントもありがとうございました!
りんぼさんのサイト拝見させて頂きました。
ネットビジネスを頑張っておられるのですね。
日記的な記述には 趣味の事とかかかれていて
りんぼさんの人柄がチョットのぞけたような気がします♪
また懲りずにきて下さいね~♪
2006/08/10(Thu) 09:38 | URL  | タケママ #-[ 編集]
こんばんはw
私も昨夜見ました。TV。もう号泣でした。
人間って自分の死期が分かるっていうけど、本当かなー?
もし、叶えられるなら、私は小さすぎて覚えていないんだけど、かわいがってくれたおじいちゃんに会ってみたいなー。
2006/08/09(Wed) 22:20 | URL  | ここ #-[ 編集]
こんにちは、
自宅で【SOHO】開業奮闘記^^
管理人 りんぼ です^^
人気ランキングから気になって遊びに来ました、
とても良いブログですね。
タイトルは、硬いですが、ペットや日常の事が、
ほとんどなので、気軽に、立ち寄って下さい^^
http://blog.livedoor.jp/tomotomo444/ 
私は、まだまだ半人前ですが、お互いに頑張りましょう
ランキング投票して帰ります
IN OUTダブルで応援します(人・ω・*)
応援ぽちっ☆ヨロシク
また遊びに来ますね^^
では失礼します^^
2006/08/09(Wed) 17:54 | URL  | りんぼ #-[ 編集]
江原さん母はもとても興味がある人です。
3冊目の本は読みましたw
オーラの泉も時々観てますよ^^
是非お会いしていろいろ訊いてみたいんですけどね~^^;
2006/08/09(Wed) 15:52 | URL  | 一真の母 #4uAjNfEA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
江原啓之江原 啓之(えはら ひろゆき、1964年(昭和39年)12月22日 - )は、スピリチュアリティ|スピリチュアルカウンセラー新潮文庫の『スピリチュアルな人生に目覚めるために』の206ページに書かれているが、「とある方との出会いをもとに名乗る事を決
2007/08/09(Thu) 13:30:18 |  まおの記録