3児のおかーちゃん・管理人タケママの気まますぎる日記です♪ なんでも書きすぎて怒られちゃってます(笑) “いおちん” は学生時代からの愛称♪ 
夕飯のおかずがまさかの。
2018年06月22日 (金) | 編集 |


夕方早く帰ったパパと

夕飯のおかずを買いに出たのに

おかずがなぜか
ネックレスに変わりましたo(≧▽≦)o

いやー
不思議な事もあるものですww



スポンサーサイト
タイトル無し。
2018年05月15日 (火) | 編集 |

タイトル無し。
タイトルなんて立てられない、今のこの気持ち

自分が創り上げた家族は大事
揺るぎない気持ち

でもその私自身を産んで育てくれた親に対する大切な気持ちは、自分が創り上げた家族を大事にする気持ちのもっと奥にある

どちらも大事には変わり無く

親が切に願う事に添ってあげられて、涙を流して喜んでくれる顔を見て、本当に良かった

理解できない間は、今の私と同じ気持ちを抱えてたんだなと思うと、今、私がこんなに自分の創り上げた家族に対して切ない気持ちになって、やっと私も分かった


でも、私はどちらの気持ちもわかるから、自分が創り上げた家族に冷たい目で見られても、態度が変わられても、親の気持ちに対する感謝が一番先にくる

両親、祖父母、曾祖父母…その前のずっとずっと前の方々から頂いた大切なこの私の命が今ある事を、ちゃんと感謝しよう

主人の両親、祖父母、曾祖父母…その前のずっとずっと前の方々から頂いた大切なこの主人の命が今ある事を、ちゃんと感謝しよう
そして主人と出会えた事にも更なる感謝

そして、私と主人の間に出来た3人の子供達の存在に、繋がりに、環境に、元気である事全てに感謝

私自身は何も変わらない

ただ、せっかく命をもらって今生きてる事を本当の意味で感謝できる自分にもっと磨きをかけて生きたいと思えるようになった事だけが、先週の私とは違うところ

他は何も変わらない

こんな気持ちを持ちながら、自分が創り上げた家族が毎日一緒に暮らして笑って食事出来る今をくれた親に、やはり感謝。
誕生日、43歳。
2018年03月31日 (土) | 編集 |


私の視界です

いま病院の自販機コーナー

長男が扁桃炎がひどく、点滴中。

腫れてまともに喋れないのに、それでも必死で

『お誕生日おめでとう』

と言ってくれた長男です。
良い子です。
認知進む祖母と施設。
2018年01月13日 (土) | 編集 |

昨年夏、もともと足元が頼りなくなってた祖母が、出先で転倒して骨折。
入院となり、3ヶ月程治療を受けました。

入院している間に、認知が確認できるようになり、病院からケア施設へ移る前に確定した介護度が、いきなりの『4』でした。

病院を退院する時点で、祖母は自分で身の回りのことが全く出来なくなっており、家に連れてかえるのは困難と判断しての施設への移動でした。

入院前、家で生活している時にも、少し認知の症状は感じていました。
それに、ひざや股関節もそうとう弱っていて、家の中を歩く事すら頼りない状態だったけれど、お風呂やトイレくらいは自分で出来てました。

けれど、入院している間にあんなに症状が進んでしまうなんて…。

認知は、ストレスによってどんどん進むと知り、母は毎日毎日欠かさずに見舞いへ行き、私も、祖母に少しでも刺激になればと思い面会に行きました。

そこからケア施設へ移ってから、やっぱり、家に帰れないストレス、体調がすぐれないストレス、しんどい時に少しでも横になれないなどのストレスが大きいのだろう、認知がかなり進んでしまい…


あんなに、しっかりした人だったのに、こんなに弱り、分からなくなるなんて。
すごくショックです。

それを見守り続ける母もまた、疲れているしストレスを溜めるし。

本当に、健康であることは何にも代えられない素晴らしい事なんだと思います。


しかし、解せない事が多い。
今の施設について。

介護していただいてるこっちとしては、どこまで要望してイイのかとか、あんまり言い過ぎては良くないのかとか、色々考えてはいるのだけど、それは、介護と言う仕事がどんなに大変かを、介護実習へ行った長男から聞いていたので。
現場は、それはそれは毎日大変だと、実習で体験して毎日話してくれた長男。
私達が出来ないことをしてくれていると思えば、家に居た時の様にあれやこれやをしてやりたい気持ちはあっても、施設のやり方やケア方法に従うしかないのかなと思って居ましたが…

やっぱり、なんか解せなくて。



すごく、スッキリしない。
2018、指導。
2018年01月13日 (土) | 編集 |


あけましておめでとうございます。

ほらね、速い。
新年も2週間が過ぎようとしてる。

こうやって、今年もきっとあっという間に過ぎて行くんだぁ…

去年は何も、大きく変わった事はなくダラダラと過ぎていった。

毎年、このダラダラを改革しなきゃと思いながら一年終わる。
さぁ、今年は???
人を、想う。
2017年11月29日 (水) | 編集 |
おばーちゃん。

また、前に会いに行ってから
ちょっと経ってしまいました。

週末は、おばちゃん達が会いに行ってくれたね。

お母さんがね、足を怪我して
ちょっと会いに行けそうに無いから
寂しい思いしてるんじゃ無いかな?

それとも、お母さんが会いに来る事
毎日ちゃんとわかっているのかな…

誰が誰で、いつ会ったのか
そんな事も、もう分からないでいるのかなぁおばーちゃんは…。

私が想うのは
おばーちゃんが悲しそうに
泣いてなければいいな…と。

夜もなかなか寝れないんだって?
1日座りぱなしでしんどい上に
夜もぐっすり寝れないんじゃ…
辛いし寂しいよね。

出来るだけ、時間作って行くからね。
待っててね。



お別れ。
2017年09月23日 (土) | 編集 |
ばーちゃんの変化。
2017年09月17日 (日) | 編集 |
足腰がもう
しっかりしなくなった祖母。

もう歩けないのかな…

あんなに元気で口も達者な祖母が
要介護者となってしまった。

ウトウトと眠気がさすと
手で空中を掴もうとする仕草。
何を掴みに行ってるつもりなんだろう。

話してても、噛み合わない。
来てない人が、さっきまで居たと言う。
突然に始まる昔話。
かなり昔のことを、まるでさっきみたいに話すんだけど、話しながら突然に黙り

『私、なんでこんな話しよんのん?』

と。

こんなに突然に来るもんなんだ?
信じられないくらい…。

介護が必要になっていることを、祖母は自覚していないから、きっとわずらわしい気持ちでいっぱいなはず。

… 会ったこともないのに、息子が

『夢にひぃじーちゃんが出て来た』

と言ってビックリ。
遺影の人だったと言うから間違い無いのだろう。

祖父、迎えにいくから準備でもしておけとでも言いたいのだろうか。

いいや、まだまだ
まだまだ連れていかないで

まだまだ…。
高校の参観。
2017年05月09日 (火) | 編集 |

只今、ムスメの通う高校の玄関に立っています。
参観があります。
定時制の参観。

はじめは、高校なんて行かない、すぐに働きたいと言い張っていた娘と、中三の3学期はよくケンカしました。

お兄ちゃんが通っている私立高校に行くかとか、あれこれ話しあった結果、定時制に進学したムスメです。

たくさんケンカしたあの頃から、チョットずつ、チョットずつ、ムスメはあまり素直に心を開かなくなりました。

高校に入学後、学年主任の先生から連絡をもらい、ムスメがどうも情緒不安定だと。
部活をしていても、いつの間にか泣いていたり。

不安なことも沢山あるのだろうかムスメ。
自分の思い通りに行かないことも多く、イライラしているのだろうムスメ。

だけど、今は、今までで一番ムスメが、私たち親からも離れたいと言って、心を閉ざそうとしているから、そんな時は寄り添わなくては。

ムスメは来なくても良いと言ったけど、勝手についてきた参観日。

終わったらまた一緒に帰ろう。



おさるちゃん。
2017年04月26日 (水) | 編集 |


大好きでした。
ずっと一緒でした。

学生時代からの愛用品だったの。

もう一個、同じく20年選手のマグカップがあるんだけど、どうしても、いつもこのおさるちゃんを手に取ってしまう私でした。

可愛らしい造花を入れて飾ろうと思っています。