FC2ブログ
3児のおかーちゃん・管理人タケママの気まますぎる日記です♪ なんでも書きすぎて怒られちゃってます(笑) “いおちん” は学生時代からの愛称♪ 
これだけは残念
2019年09月06日 (金) | 編集 |
女性に生まれてきて良かったなーと思うことは色々あります。


しかし…


これだけは…



絶対良くない



生理痛の痛みと戦って約30年

ほんっとに、いらない( ̄▽ ̄;)




何でこんな毎月毎月

激しすぎるこの痛みと戦わなきゃならんのだ



あー、本当いらない








こんな私に、長男が差し入れてくれたチョコ


ありがとう長男  美味いわぁ~
スポンサーサイト



結局は私が。
2019年04月03日 (水) | 編集 |
我が家に、大事件発生。
途中まではビックリしすぎて笑っちゃったけど、今はなんとも言えない気分だ。
私と言う親は、どこがそんなに子供に甘いんだろう?
おそらく私が自分に甘いからだ…
「子は親の背を見て育つもの」だとしたら、今回の大事件はやっぱり親の甘さが原因なんだろう。
普段からしつこく、あれやこれやと躾けているつもりが、それらは一体何の意味があったのかと、ただただため息。
いや、過去にも同じような気持ちになったことがあったはずの私。
でも。
頼むから、個人個人がもっとしっかりしてくれ!私も旦那も子供達も!
私は私を甘く見すぎてるし、他の家族はなんでも私にばかり頼るし!
私に  ついで  ばかり頼ってくれるな!
そのうち私の思考回路はパンクするから。
みんなみんな、甘えるとこ間違ってる!
そして私自身がそんな自分に腹がたつ。
戸惑い。
2019年03月16日 (土) | 編集 |
次男、先日の高校でのお話から
「もう逃げられない度」が高まったのか

「今、剣道やめたい気持ちが凄い」とポツリ

えっ、もう凹んでるやん(^◇^;)
早すぎるで💦

しかし聴くと、かなりのプレッシャーを感じていると…
プレッシャーに劇弱な彼にはしんどいな…


「できる存在だと思ってます」

と、次男を高校へ引っ張ってくれた先生はおっしゃいます

スポーツ推薦なのだから、活躍するために呼ばれた事は分かりきっている事なのだけど
やっぱり空気が違う事が、次男にとって大きいかな

先輩達の稽古は、細かい仕草までが素晴らしい
気遣いが桁違い
部活では無い、剣道は稽古であり修行なのだと改めて思い知らされる… そんな動きの先輩達

今までの中学の『部活』とは全く違う

その中に、次男は、自分が心通わせる友達が出来るかどうかも不安に思っている

次男は甘ちゃんなのだ
いくら180㎝・90㎏ のいい体格でも実質は中学の卒業したての、世の中に不安だらけの15歳

今までは兄と姉が同じ学校の先輩として居たし、部活は先輩後輩が仲よすぎて、しんどくて辛くても楽しみがあったから

それが、また1から全て今から作り上げていかないといけない事が不安でしょうがない


私も次男も、そして家族も
先生のおっしゃる次男の素質と言うものがわからないので、同じくまだまだいろんな不安はあるけれど
高校生活もまだ始まらない今、まだ次男はウォーミングアップの最中なのだ
なのに今諦めさせるわけにはいかない

どこか、体と心の奥底か隅っこに、強い気持ちや勝負に対する闘争心や眠っている素質が隠れていると信じて

母はフォローしていきますよ

気持ち新たに。
2019年03月13日 (水) | 編集 |
次男と一緒に高校へ。
スポーツ推薦で入学する親子を対象に、校長先生からお話がありました。
同じ部の部員になる他の親子と、なぜか、学校に呼ばれている時間が違っていて、もしかして個人面接的なものがあるのかとドキドキしていたけれど…
始まってみてやっとわかった
次男は特待生として迎えて貰えるようなのだ。
提示された、特待生として受けられる入学費用などの免除の他、その免除の対象から外れる場合の説明などのお話があり、同じくしてスポーツ推薦を受けて入学する仲間とは違う待遇で迎えられるのだと… みんな同じ待遇で入学すると思っていたさっきまでの私たちとは違って、なんだか一大事と言う意識に変わり。
だって、それだけの事を求められるという事なのだから。
さぁ、いよいよ次男の剣道人生・第2章が始まる。
変化の中で。
2019年03月12日 (火) | 編集 |
子供3人が、それぞれに門出を迎え
生活パターンが変わりつつあります
一番大きな変化は長男が社会人になる事と、次男が高校生になる事
二人とも、慣れ親しんだ学び舎を巣立ち、親しい友とも別れて新しい環境へ
先日の次男の中学卒業の折には、様々な感動を頂き、次男の中学生活の中で沢山の思い出がこんなにも詰まっていた事に改めて感謝と、次のステージに向けて動き出している次男を心から応援しようと決意も新たにしたところです。

子供達が大人へ近づくにつれ寂しい想いと
身の回りの事がキチンと出来ない子供達の日常を見ては、これから先の心配が増えたり
そんな変化の真っ只中
なんだ
なんだなんだ
自分自身が面白くない
なんかね、前にも増して、自分一人がしんどい事する羽目になってるとか
常に  私ばっかり・私だけ
そんな風に考えている毎日
家族にすらイライラする
またか   どうせ   やっぱりな   いっつもや
こんな言葉が1日よく頭に浮かぶ
負のエネルギーバンバン出てる状態
何の心配もしたくないし
家族の気分に振り回されるのもゴメンだし
自分だけの時間、空間に囲まれてたい
ほっといて欲しいし  ほっときたい
自由になりたい
痩せたい・食べたい・動きたい・綺麗になりたい・自信が持ちたい
なんかねー
そんな事ばっかりが頭にある
負だ
負でしかない
それだって  誰かのせいにしていたい
病んでるのか  私は(-.-;)
ほらこんな時間
早く寝ればいいものを
みんながリビングから消えたこの空間に居たくて、いつまでも一人でスマホいじりながらコタツに居座る
明日は次男が来月から通う高校へ
特待生だからこその心得についてのお話があるそう
すでに高校に通って  先輩と部活に参加している次男
明日いただくお話も ちゃんと聞いて理解して そしてこれからの3年間をしっかり生き抜いてね
頼りない私がどこまでフォロー出来るかな
長男と長女にも
目標や夢を持って欲しい
ダラシない疲れ。
2018年11月13日 (火) | 編集 |

思春期×3と 日々戦う私。
子供が3人いたら それぞれの悩みや進路の相談に乗るのは3人の私。
でも 頭も身体もひとつだけ。
長男が中学に上がってから3年
様々な問題に寄り添って来ましたが
この2年間は特に 思春期の子達の『今』に寄り添う事の難しさを痛感しています。
しかし さすがに私も疲れたりしますw
それなら家事に影響を及ぼして来てます。
やらなきゃいけない事を先送りしたり、寝たら起きれなかったり。
これじゃイカン! と思いながらも結局ちゃんと出来なくてダラダラと疲れだけが溜まってく。
何ヶ月もこんな状態です。
シャキッとビシッと何でもこなしたいのに、毎日の子供のお弁当も簡単すぎる弁当ばっかり続いてます。
がんばらねばなぁー💧
素敵な出来事。
2018年09月03日 (月) | 編集 |
末っ子の、剣道部3年生の息子が。
昨日、やっと部活を全て終えました✨

締めくくりの、市内少年剣道大会。

なんと 2位‼️

決勝の対・加古川中の試合ほどワクワクした試合はなかったです✨



そして、今朝、一年生のお母さんから素敵なLINEを貰い、その内容に感謝で一杯になりました✨

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

『本当にお疲れ様でした‼️

いろいろ悩んでいた私に あたたかく見守って頂きありがとうございました😉👍🎶

タケママさんの 明るい笑顔が 見れなくなるのが 本当にさみしいです‼️😢💨

また また 私は これからも悩んだり 息子と乗り越えていかないといけない事が たくさんあると思います。
そんなときはLINEします、また聞いて下さい‼️

昨日タケ先輩の試合を見ている姿を見ていてやり終えた親の顔だな~と思いました❗私もあのタケママさんのような親の顔で終わりたいと、新たな目標ができました。

今まで 本当にありがとうございました😉👍🎶これから受験で大変だと思いますが あの笑顔で頑張って下さい。お疲れ様でした』


こんな風に見ていて下さった方が居たとは… 照れ臭いけど凄く嬉しい✨

私こそ、全ての方に感謝です✨
ありがとうございました‼️

夕飯のおかずがまさかの。
2018年06月22日 (金) | 編集 |


夕方早く帰ったパパと

夕飯のおかずを買いに出たのに

おかずがなぜか
ネックレスに変わりましたo(≧▽≦)o

いやー
不思議な事もあるものですww



タイトル無し。
2018年05月15日 (火) | 編集 |

タイトル無し。
タイトルなんて立てられない、今のこの気持ち

自分が創り上げた家族は大事
揺るぎない気持ち

でもその私自身を産んで育てくれた親に対する大切な気持ちは、自分が創り上げた家族を大事にする気持ちのもっと奥にある

どちらも大事には変わり無く

親が切に願う事に添ってあげられて、涙を流して喜んでくれる顔を見て、本当に良かった

理解できない間は、今の私と同じ気持ちを抱えてたんだなと思うと、今、私がこんなに自分の創り上げた家族に対して切ない気持ちになって、やっと私も分かった


でも、私はどちらの気持ちもわかるから、自分が創り上げた家族に冷たい目で見られても、態度が変わられても、親の気持ちに対する感謝が一番先にくる

両親、祖父母、曾祖父母…その前のずっとずっと前の方々から頂いた大切なこの私の命が今ある事を、ちゃんと感謝しよう

主人の両親、祖父母、曾祖父母…その前のずっとずっと前の方々から頂いた大切なこの主人の命が今ある事を、ちゃんと感謝しよう
そして主人と出会えた事にも更なる感謝

そして、私と主人の間に出来た3人の子供達の存在に、繋がりに、環境に、元気である事全てに感謝

私自身は何も変わらない

ただ、せっかく命をもらって今生きてる事を本当の意味で感謝できる自分にもっと磨きをかけて生きたいと思えるようになった事だけが、先週の私とは違うところ

他は何も変わらない

こんな気持ちを持ちながら、自分が創り上げた家族が毎日一緒に暮らして笑って食事出来る今をくれた親に、やはり感謝。
誕生日、43歳。
2018年03月31日 (土) | 編集 |


私の視界です

いま病院の自販機コーナー

長男が扁桃炎がひどく、点滴中。

腫れてまともに喋れないのに、それでも必死で

『お誕生日おめでとう』

と言ってくれた長男です。
良い子です。