fc2ブログ
3児のおかーちゃん・管理人タケママの気まますぎる日記です♪ なんでも書きすぎて怒られちゃってます(笑) “いおちん” は学生時代からの愛称♪ 
上手く行かないなぁ。
2023年05月01日 (月) | 編集 |
ムスメ、リスカ。
救急車とパトカー
仕事中に姑から電話
昨日のパニックの件があるからすぐにムスメの一大事と察しがつく
119を間違えて110に連絡したもんだから
仕事から帰ったら警察官と救急隊員がリビングにいてごちゃついてた
普段からどんな感じかとか
市役所などに相談はしているかとかあれこれ聞かれたけど
そもそも役所は『その』手続きしかしてくれないし色んな事態まで予測して案内してくれたりしない
こっちが聞かない限り
でも『なにを・どこに』聞けばいいかわからんのに頼り様すらわからん
自分がわからなくなってしまって不安なんやろうって同僚が言ってくれた
そうか
自分すらわからなくなってしまったのかも知れないな
それでは余りにも不憫だ
どうにかしてやりたい
スポンサーサイト



なんでかなぁ…。
2023年03月30日 (木) | 編集 |
なーんでこんなに生き苦しいんかなぁ
どん底すぎて笑いも出ないわ
右背中下部が痛い。
2021年12月01日 (水) | 編集 |
気になるから病院へ。
10年ほど前に転げ回った尿路結石からあと、左の下腹部も重いまま💧その時に、膵臓にも石が…と言われたまま、なんやかんやと放置💧💧
本当なら、掛かりつけの町医者先生に診てもらいたいけど、レントゲン等設備が不十分で、精密検査になった際にいつも大きな病院へ紹介状を出されるので、今回は鼻からたずみへ来た。


さてどのくらい待つかなー
コロナ。
2020年08月25日 (火) | 編集 |
「新型コロナウイルス感染に対する免疫は生涯続くものではないこと、それどころか、再感染がすぐに起こり得ることを、研究は実証している」と言明。AFPの取材に対し、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者は、回復後に再び感染しないと想定するべきではない」

なんて記事を目にしてしまった
怖いなーコロナ


若い子達も後遺症が残ってしまっている症例があるって、10代の子供が日々息切れや倦怠感が残ったまま苦しんでるなんて💧


自分がもしコロナにかかって、万一、重度になったら?家族の生活まで一変してしまう


大きな病院には来たくないが、今日は、娘の手術の説明を受けに市民病院へ来ている


凄いチェックの数々


心臓疾患を持つ祖母が同じく今日は市民病院で診察を受けているけど、年々症状が良く無い方向へ行っているそんな祖母に、私達からコロナを移すわけにいかない


改めて検温と手洗い、うがいに、マスクは絶対欠かさず、人混みは避けようと思った💧
お別れ。
2020年08月15日 (土) | 編集 |
末っ子剣士、このお盆は、辛く耐え難く悲しすぎる数日を過ごす事となりました
一緒に中学から剣道をはじめ
お互い高校が別になっても剣道を続け
夢に向かって青春真っ只中の友人の…
今日は葬儀でした
知らせを受けてからこの4日間
私も、末っ子剣士も、沢山泣いた
たくさん泣いたのに
今日棺に花を手向けるときには
それよりももっと涙が出た
コロナもある中、久々に会う仲間や
先輩・後輩たち、そして恩師
まさか彼の葬儀でみんなと会おうとは…
もう届かないかも知れない彼の携帯に
長い長いメッセージを送った末っ子剣士
その中に
「いつか俺たち3人もそっちへ行く日が来る、そしたらまた4人で稽古しよう」
末っ子剣士、精一杯の彼へのメッセージ
どうか届きますように
とうとう姿形が無くなってしまった彼
信じられないし、想うと辛い
その優しい眼差しをみんな忘れないよ
どうか安らかに
棺の中には道着袴姿の彼と
小手や垂れ、面タオルに竹刀
警察官を目指して頑張った日々も思い出も
みんな
みんな
君の輝いた君の17年の全てだね
お疲れさま、そしてありがとう


この投稿のコメントにはお返事は致しません
これだけは残念
2019年09月06日 (金) | 編集 |
女性に生まれてきて良かったなーと思うことは色々あります。


しかし…


これだけは…



絶対良くない



生理痛の痛みと戦って約30年

ほんっとに、いらない( ̄▽ ̄;)




何でこんな毎月毎月

激しすぎるこの痛みと戦わなきゃならんのだ



あー、本当いらない








こんな私に、長男が差し入れてくれたチョコ


ありがとう長男  美味いわぁ~
結局は私が。
2019年04月03日 (水) | 編集 |
我が家に、大事件発生。
途中まではビックリしすぎて笑っちゃったけど、今はなんとも言えない気分だ。
私と言う親は、どこがそんなに子供に甘いんだろう?
おそらく私が自分に甘いからだ…
「子は親の背を見て育つもの」だとしたら、今回の大事件はやっぱり親の甘さが原因なんだろう。
普段からしつこく、あれやこれやと躾けているつもりが、それらは一体何の意味があったのかと、ただただため息。
いや、過去にも同じような気持ちになったことがあったはずの私。
でも。
頼むから、個人個人がもっとしっかりしてくれ!私も旦那も子供達も!
私は私を甘く見すぎてるし、他の家族はなんでも私にばかり頼るし!
私に  ついで  ばかり頼ってくれるな!
そのうち私の思考回路はパンクするから。
みんなみんな、甘えるとこ間違ってる!
そして私自身がそんな自分に腹がたつ。
戸惑い。
2019年03月16日 (土) | 編集 |
次男、先日の高校でのお話から
「もう逃げられない度」が高まったのか

「今、剣道やめたい気持ちが凄い」とポツリ

えっ、もう凹んでるやん(^◇^;)
早すぎるで💦

しかし聴くと、かなりのプレッシャーを感じていると…
プレッシャーに劇弱な彼にはしんどいな…


「できる存在だと思ってます」

と、次男を高校へ引っ張ってくれた先生はおっしゃいます

スポーツ推薦なのだから、活躍するために呼ばれた事は分かりきっている事なのだけど
やっぱり空気が違う事が、次男にとって大きいかな

先輩達の稽古は、細かい仕草までが素晴らしい
気遣いが桁違い
部活では無い、剣道は稽古であり修行なのだと改めて思い知らされる… そんな動きの先輩達

今までの中学の『部活』とは全く違う

その中に、次男は、自分が心通わせる友達が出来るかどうかも不安に思っている

次男は甘ちゃんなのだ
いくら180㎝・90㎏ のいい体格でも実質は中学の卒業したての、世の中に不安だらけの15歳

今までは兄と姉が同じ学校の先輩として居たし、部活は先輩後輩が仲よすぎて、しんどくて辛くても楽しみがあったから

それが、また1から全て今から作り上げていかないといけない事が不安でしょうがない


私も次男も、そして家族も
先生のおっしゃる次男の素質と言うものがわからないので、同じくまだまだいろんな不安はあるけれど
高校生活もまだ始まらない今、まだ次男はウォーミングアップの最中なのだ
なのに今諦めさせるわけにはいかない

どこか、体と心の奥底か隅っこに、強い気持ちや勝負に対する闘争心や眠っている素質が隠れていると信じて

母はフォローしていきますよ

気持ち新たに。
2019年03月13日 (水) | 編集 |
次男と一緒に高校へ。
スポーツ推薦で入学する親子を対象に、校長先生からお話がありました。
同じ部の部員になる他の親子と、なぜか、学校に呼ばれている時間が違っていて、もしかして個人面接的なものがあるのかとドキドキしていたけれど…
始まってみてやっとわかった
次男は特待生として迎えて貰えるようなのだ。
提示された、特待生として受けられる入学費用などの免除の他、その免除の対象から外れる場合の説明などのお話があり、同じくしてスポーツ推薦を受けて入学する仲間とは違う待遇で迎えられるのだと… みんな同じ待遇で入学すると思っていたさっきまでの私たちとは違って、なんだか一大事と言う意識に変わり。
だって、それだけの事を求められるという事なのだから。
さぁ、いよいよ次男の剣道人生・第2章が始まる。
変化の中で。
2019年03月12日 (火) | 編集 |
子供3人が、それぞれに門出を迎え
生活パターンが変わりつつあります
一番大きな変化は長男が社会人になる事と、次男が高校生になる事
二人とも、慣れ親しんだ学び舎を巣立ち、親しい友とも別れて新しい環境へ
先日の次男の中学卒業の折には、様々な感動を頂き、次男の中学生活の中で沢山の思い出がこんなにも詰まっていた事に改めて感謝と、次のステージに向けて動き出している次男を心から応援しようと決意も新たにしたところです。

子供達が大人へ近づくにつれ寂しい想いと
身の回りの事がキチンと出来ない子供達の日常を見ては、これから先の心配が増えたり
そんな変化の真っ只中
なんだ
なんだなんだ
自分自身が面白くない
なんかね、前にも増して、自分一人がしんどい事する羽目になってるとか
常に  私ばっかり・私だけ
そんな風に考えている毎日
家族にすらイライラする
またか   どうせ   やっぱりな   いっつもや
こんな言葉が1日よく頭に浮かぶ
負のエネルギーバンバン出てる状態
何の心配もしたくないし
家族の気分に振り回されるのもゴメンだし
自分だけの時間、空間に囲まれてたい
ほっといて欲しいし  ほっときたい
自由になりたい
痩せたい・食べたい・動きたい・綺麗になりたい・自信が持ちたい
なんかねー
そんな事ばっかりが頭にある
負だ
負でしかない
それだって  誰かのせいにしていたい
病んでるのか  私は(-.-;)
ほらこんな時間
早く寝ればいいものを
みんながリビングから消えたこの空間に居たくて、いつまでも一人でスマホいじりながらコタツに居座る
明日は次男が来月から通う高校へ
特待生だからこその心得についてのお話があるそう
すでに高校に通って  先輩と部活に参加している次男
明日いただくお話も ちゃんと聞いて理解して そしてこれからの3年間をしっかり生き抜いてね
頼りない私がどこまでフォロー出来るかな
長男と長女にも
目標や夢を持って欲しい